HOUSE健やかに暮らす

安心安全な構造

耐震等級3の家づくりを基本としています

「ベニヤ・合板ゼロ」で「耐震等級3」

構造家の山辺豊彦先生からも

「ここまでやるのはエコ建築考房の他に無く、日本初の試みである」

とお墨付きをいただきました。

 

全国には、耐震等級3を備えた自然素材の家は多くあります。
しかし「自然素材の家」を謳っている家のどこまでが自然素材かご存知ですか?
その多くは、仕上げ材のみ自然素材を使用し、完成時には見えなくなる構造部分には集成材や合板、構造用面材を使用しています。
つまり、「見えるところのみ自然素材の家」がほとんどなのです。

エコ建築考房は、「見えないところも全て国産自然素材の家」を信条とし、崩しません。
合板などの素材を使えばとりあえずの強度があり耐震等級3の取得も比較的簡単にできますが、信条を崩さず、ベニヤ・合板は一切使わない。

自然素材だけでの耐震等級3を全棟に備えるのは前例がなく、2年半の間、構造家の山辺先生の監修のもと実験を繰り返しました。
そして2018年の春から、自然素材だけでの耐震等級3を全棟標準仕様へと踏み出しました。

山辺豊彦(やまべとよひこ)

1946年石川県生まれ法政大学工学部建設工学科建築専攻卒業後、青木繁研究室入所。
1978年山辺構造設計事務所設立。日本建築構造技術者協会東京サテライト顧問、大工塾共同代表。
著書に『住まいを守る耐震性入門』(風土社刊)、『渡り腮構法の住宅のつくり方(共著)』(建築技術)など。

TOPに戻る